失政ばかりの安倍政権は裸の王様、原発がアキレス腱

  • Friday20140530
    FRIDAY 2014/5/30号より
    大手メディアとの癒着・報道統制だけで存続
  • 「明治憲法復活、大日本帝国への回帰」が最終目的
  • 思いつきのカジノ法案は突っ込み所
  • 1%の利益のために、99%を犠牲にするからダメな経済政策
  • 原発は世界的に終焉へ、安倍「原子力ムラ」政権のアキレス腱
  • 対立軸は「日本国憲法三原則の堅持」と「99%のための政治」

安倍政権と対峙し始めて3年目、政権の浅薄な実態がはっきり見えてきた。政策はやること全てが上手く行かず、ことごとく外して失敗と言える。本稿は、政権の中身と失政を纏めて、攻め所を考察したい。外交も昨秋からのデタラメさと失敗は目を覆うばかりであり、別稿に纏めた。 続きを読む 失政ばかりの安倍政権は裸の王様、原発がアキレス腱

政党ポジションマップ

C-99-PsMap
クリックして拡大

X軸を「(一般国民・庶民)99%のための政治」か「(大企業、超富裕層、特権階級)1%のための政治」かとし、
Y軸を「日本国憲法の三原則を堅持(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)」するか否かとし、
綱領などから主な政党をマッピングしたのが左図である。

「日本国憲法の三原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)」は「人類の英知というべき優れた普遍の原理です」と公明党もHPに記載しているように、これを堅持するのは至極当たり前のことであろう。また独裁でもなく金権政治でもなく民主主義であれば、大多数の国民=99%のための政治を掲げるのが当然であろう。よって右上(第一象限)に集中するはずだが、実際は対照的な2グループに分かれる。 続きを読む 政党ポジションマップ

現在の生長の家はリベラルエコロジー教団

2015_june2
谷口雅宣氏

「過去の生長の家」に関してこれまで数編の記事を書いてきたが、現在の生長の家教団は全く別物であることを改めて強調したい。1983年10月以来、右翼運動からはすっかり手を引き、リベラルエコロジー教団となっている。現総裁・谷口雅宣氏(1951)は、ブログを読む限り、何事についても論理的で筋が通り、従ってリベラル的である。彼の記事のいくつかを紹介して、エールを送りたい。

続きを読む 現在の生長の家はリベラルエコロジー教団

安倍政権を支える生長の家原理主義者たち

Study_JC生長の家原理主義者とは、菅野完氏の連載記事【草の根保守の蠢動】(単行本「日本会議の研究」)でしばしば用いられる表現であり、「教祖・谷口雅春による国粋主義的な教えに未だに忠実な人々」である。彼らのリーダー格に共通するのは、70年安保で左翼に対抗した右翼民族派・生長の家学生運動の出身者であることだ。 続きを読む 安倍政権を支える生長の家原理主義者たち

アベ政治ってなんだ?・・・・これだ!

目的は憲法を壊し、いつでも戦争できる国AbeOnTank

  • 戦前の大日本帝国が国家イメージ
  • 自民党憲法改正草案は150年以上も時代に逆行
  • 中国/北朝鮮の脅威を誇大宣伝し、世論を誘導
  • 核兵器、化学/生物兵器も憲法は禁じないと暴言・詭弁
  • 安保法制で日本は危険に、国土防衛には大きなマイナス

続きを読む アベ政治ってなんだ?・・・・これだ!

生長の家原理主義とは:「古事記と日本国の世界的使命」の妄想

JpnMission<本書の要約>

  • 『古事記』は神代の歴史であると同時に、未来への預言
  • 日本天皇陛下の御統治は『知ろすめす』である
  • 日本人は優良民族である
  • 日本の国土が全世界に拡り、天皇陛下が世界を統治し給うべき御位を持つ
  • 敵はユダヤ民族の世界征服の野望であり、その現れが共産主義国・ソ連
  • 日本国の使命を信じ、一致団結するために、国民思想を作興すべく生まれたのが『生長の家』

続きを読む 生長の家原理主義とは:「古事記と日本国の世界的使命」の妄想

自民党「憲法改正草案」の鎧と刃(4)岸信介と谷口雅春

  • KishiNob
    岸信介
    TaniguchiMasaharu
    谷口雅春
    憲法でなく、支配層(自民党)が国民に課す基本法
  • 国家主義であり、基本的人権を制限
  • 自衛と称すればあらゆる戦争が可能
  • 緊急事態条項で無制限・無期限の独裁が可能
  • 自民党の極右体質・本音を自ら露出
  • 1930~45年の大日本帝国への回帰を目指す

続きを読む 自民党「憲法改正草案」の鎧と刃(4)岸信介と谷口雅春

手段を選ばぬ汚いアベ政治(5)国連対応はまるで後進国

KayeDavid
デビット・ケイ氏

安倍政権は日本が今までに経験したことのないダーティな政権である。国連の人権理事会やユネスコへの対応はまるで後進国であり、日本の品位を大きく落とし、国益を損なっている。

○国連特別報告者の公式訪問を安倍政権がドタキャン
国連人権理事会から任命された「表現の自由」特別報告者:デビット・ケイ氏(米国人・国際法学者)の公式訪問(2015年12月1〜8日)を、日本政府が11月13日突然キャンセルした。 続きを読む 手段を選ばぬ汚いアベ政治(5)国連対応はまるで後進国

手段を選ばぬ汚いアベ政治(4)不都合なら捏造、無視、隠蔽

kamakura
クリックして引用元へ

安倍政権は日本が今までに経験したことのないダーティな政権である。そのやり口は「反誠実・冷血」とでも言うべきか。

○戦争法案強行採決の議事録捏造
参議院の特別委員会での強行採決はNHKで生中継され、採決が不存在であることの映像証拠が残った。実際、議事録暫定版では「……(発言する者多く、議場騒然、聴取不能」と記されていた。 続きを読む 手段を選ばぬ汚いアベ政治(4)不都合なら捏造、無視、隠蔽

手段を選ばぬ汚いアベ政治(3)辺野古移設をゴリ押し強行

PK2015111802100034_size0安倍政権は日本が今までに経験したことのないダーティな政権である。辺野古移設でもあの手この手とあくどい手段を弄して強行している。

○ 10/14 沖縄防衛局が「私人」で不服請求、「身内」の国交相判断に

辺野古沖の埋め立て承認を沖縄県が取り消したことに対し、沖縄防衛局は行政不服審査法に基づき不服審査請求と取り消しの効力停止を国交相に申し立てた。しかし行政不服審査法は、第一条に明記されている通り「私人」を対象とし、沖縄防衛局は法の適用外のはずである。

続きを読む 手段を選ばぬ汚いアベ政治(3)辺野古移設をゴリ押し強行