小西洋之(著)「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり」

KonishiBookこの本は「集団的自衛権行使は憲法違反」であることをとことん論じて懇切丁寧すぎるくらいに説明している。安倍政権の極めてお粗末な合憲主張を完璧無比に論破している。資料集としても有用。

1972年の政府答弁に有名な一節がある。自衛の措置の容認条件として:

『外国の【○○○○○○○】武力攻撃によって国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆されるという急迫、不正の事態に対処し・・・』

と述べている。【○○○○○○○】は書かれていないが、追加するならば「我が国に対する」しかない。実際この一節に続く段落では正にその通りになっている。

安倍政権はそれでも、「書かれていないのだから、【我が国および同盟国に対する】と追加して読めば、1972年答弁ですでに同盟国に対する攻撃であっても自衛の措置を容認していたと見なせる」とトンデモ強弁する。これが安倍政権による唯一の集団的自衛権行使の合憲主張で、たいへんお粗末な「詭弁・捏造」という他はない。

答弁全体を見れば【我が国に対する】攻撃を論じているのは明白であり、【同盟国に対する】と恣意的付け足し出来る余地は全くないことが、同時期の他答弁など豊富な資料から、完璧無比にこれでもかと蟻の這い出る隙間もなく示されている。そのやり取りは全て国会答弁として記録されており、「一見して明白に違憲」の証拠となっている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です